-サイキック豆電球の灯-

音楽、純喫茶、散歩、映画、読書 etc

神戸新聞杯 ~ 凱旋門賞

終わってみれば、またまたまた日曜日の東西重賞は1番人気の勝利。この流れはいったい、いつまで続くのか。来週も書くはめに?ちなみに土曜日は中山メインが1番人気の勝利、阪神メインは2着ではあったが連対は果たした。この反動で秋のG1で特大荒れ馬券が飛び出しやしないかと思っている。
戸崎騎手の重賞連対記録は残念ながら10で途切れたが、いやしかし凄い。

神戸新聞杯サトノダイヤモンドも1番人気に応えて、これでマカヒキディーマジェスティと、いわゆる3強は夏を越して、それぞれ無事復帰戦を制した。それぞれ着差こそわずかだが、やはり3強の名にふさわしい競馬はみせてくれたなと。
いずれもゴール前は僅差だが、すでに菊の賞金をみたしているものと、ここで権利を獲得しなければならないものでは仕上げも違うわけだし、前哨戦なので、なんともいえない面はあるが、しばらくは3強の勝負がみたいからな。
それに対して、夏に力をつけ、3強を脅かす存在感を見せつけたミッキーロケット、ゼーヴィンも本番の走りが楽しみだ。

来週はスプリンターズステークス。いよいよ秋のG1戦線の幕開け。春の高松宮記念の覇者ビッグアーサーを中心にミッキーアイルベルカント。古豪スノードラゴンも健在だ。今年は3歳勢がおもしろい。かなり見応えのあるレースになりそうだ。

そしてなんといっても凱旋門賞。3強の一角、日本ダービーマカヒキが日本馬として、初の悲願の優勝を成し遂げることができるか。正直言ってポストポンドをはじめ、ライバルもかなり手強いので厳しいレースにはなるとは思う。
マカヒキにはこんなエピソードがあるそうだ。弥生賞のレース前、爆睡していたらしい。
この大物感。笑 あとは、その末脚でどこまでいけれか。そういえば日本でも凱旋門賞の馬券が買えるようになったな。ちなみに馬券はシビアにいきたいとは思うが、一応友人に頼んでブックメーカー単勝17倍時の馬券を3000円、複勝2000円で購入済み。
あとは秋の京都開催のいずれか、旅行を兼ねて初の京都競馬場参戦が決まった。京都は何十年ぶりだろ?

というわけで、毎週忙しくなりそうだ。