-サイキック豆電球の灯-

音楽、純喫茶、散歩、映画、読書 etc

-番外編- 2016 宝塚記念 回顧

馬券というか予想はおさえの枠連5-8が的中してなんとかトントン。ただ、やはりドゥラメンテの脚が心配でモヤモヤしちゃってる。とにかく軽度のものであってほしい。

◎本命にしたアンビシャスは心配したマイナス要素が露呈してしまったかたち。折り合いも欠いていたしキタサンブラックを追いかけた組は馬群に沈んだ。ペースは予想より速かった。
それを考えると、3着に敗れはしたが▲キタサンブラックはやはり強い。ペース、馬場とか適性の幅も広くて正統派な強さ。一方、アンビシャスは現状、条件を選ぶので慎重に予想しなければ。
○対抗に選んだ2着ドゥラメンテも走りの内容とか着順とは別に、心配した要素が怪我というかたちで現れてしまったかもしれない。とりあえず凱旋門賞挑戦のプランはなくなったので、ゆっくり治療して欲しい。またターフであの走りが出来ればよいが、個人的にはあまり無理はして欲しくない。脚に負担がかかるという意味ではタフな重馬場も、逆にパンパンの高速馬場も良くないだろうから。
△からトーホウジャッカルはまた一度騎手を変えてみたらどうかな。
勝ったマリアライトは重適性もさることながら、ペースも幅広く対応するとは本格的に強くなった。
、小柄な牝馬が、重は得意とはいえ16番とまたずいぶん外枠になったな~と少し心配していたが。蝦名騎手と血統的重さがあって追わせるディープ産駒は手が合うのかな。外枠ピンク帽ということで皐月賞ディーマジェスティを思い出して、蝦名騎手は8枠得意な傾向あるのかな?と少し調べたが、勝率、単勝回収率も他の枠の時とたいして変わりありませんでした。笑
ただ、二度あることは三度あるかもしれないので、秋のG1、頭の片隅に置いておきます。ピンク帽の蝦正。
デムーロ騎手は年明けからの勢いというかツキもないのか、ドゥラメンテのドバイ落鉄。桜花賞馬ジュエラー骨折、皐月賞リオンディーズ降着騎乗停止、そしてドゥラの怪我.....。夏競馬で精神的にリフレッシュしてほしいかな。

上半期を振り返ると、G1では的中率はまあまあだが、狙いすぎてヒット予想はなく地味に終わったな...。特別レースとか12Rでコツコツ中ヒットでなんとか回収率、収支目標とも達成できた。6月から久しぶりに始めたころがしも効いたな。夏競馬~下半期もこのスタイルでコツコツいって、G1もドンと的中できればなと。


29日(水)は大井競馬場でG1帝王賞か。いつもの顔ぶれだがどうしようかな~。マリアライトの兄、クリソライトが大外枠に入りましたね。飛ばしてどこまで粘れるか、屋根は蝦名ではないが...。笑
でも個人的にはそういう血統の勢いとか熱いところは1票投じたくなるんだよね~。他メンバーは手強いが、重馬場適性はありでワンチャンスあるかもしれん。強敵コパノリッキーはスムーズなら強いが自分の競馬が出来ないと脆いからね。
週末は中京でスプリントのCBC賞、福島ではラジオNIKKEI賞。春のクラシックは終わったが福島は中堅どころの馬たちの一戦が熱いな。騎手も武騎手の福島参戦とか珍しい。下半期良いスタートを決めたいな。