-サイキック豆電球の灯-

音楽、純喫茶、散歩、映画、読書 etc

.-番外編- 2016 宝塚記念 予想 ◎アンビシャス

いや~悩みました。

ここにトゥインクルアルバートとか出てたら、きっともうムリでした。笑(←昨夜書いたのですがとりあえず晴れで水の浮くような馬場ではないようですね)
本命のチョイスも難しけりゃ連下のチョイスも迷いに迷った。かといっていくら考えてもあっさりハズレるのもまた競馬ですがね。というわけで、その予想です。

阪神11R 宝塚記念 G1 3歳上オープン 定量
芝2200m内回り 稍重

予想

◎ 2.アンビシャス
○ 9.ドゥラメンテ
▲ 3.キタサンブラック
☆ 5.シュヴァルグラン
△11.トーホウジャッカル
△10.カレンミロティック

他、青4枠、とくにピンク8枠は3頭とも悩ましく、枠で少額おさえるとします。

1枠-2枠-3枠-5枠-6枠 枠連ボックス(1枠絡み厚め)
1枠→4枠 8枠、5枠→8枠
2→9→3 5 10 11 三連単軸1着2着流し
2→11→10、11→2→9 三連単通常
2-9→3 5 10 11 三連複軸2頭流し
2→5 9 11 馬単


◎かなり悩んでアンビシャス。血統はディープ×エルコンドルパサー。200m延長の初距離、初58キロ、重い馬場状態といい終いの脚があまくなりそうな不安はある。同じくディープ×エルコンドルパサーの配合マリアライトはそこをクリアしているので、本来、ディープ産駒らしい軽い走りの馬ではあるが、アンビシャスもこなしてくれるだろうと。追い切りは文句なしだったし。あとはかなり内枠になったが位置取りを含めて横山典騎手とのタッグで突き抜けてほしい。

○は今回ここが一番迷ったがドゥラメンテキングカメハメハ×サンデーサイレンス。その爆発的な末脚は誰もが認めるところ。ただ今回は不安材料は少なくない。マイナス面を挙げれば、関西への輸送による馬体減り、58キロの斤量、ドバイ帰りの調整。あとはロングスパート傾向の宝塚記念への対応と重い馬場。凱旋門賞を目指すのであればクリアしなければならない条件だらけで、しかもダメージも最小限に抑えたいところ。爆発力を一瞬だけの切れ味ととれば危うさもあるが、それでもエアグルーヴトニービン的な部分、持続力も持ち合わせているとみて。大好きな馬、エアグルーヴの血が流れているが、デムーロ騎手の調子が今ひとつな感じで不安材料は多く今回は対抗まで。

▲はキタサンブラック。今回も武豊騎手で内枠だし前からレースをコントロールしてくるはず。530キロ近い大型馬で、重馬場をこなしそうなパワーもあるし器用さもある。2200mという非根幹距離はブラックタイド産駒にあっているように思える。馬体的に天皇賞春より良くみえるが、その蓄積疲労がなければ崩れはしないかなと。

☆はシュヴァルグランハーツクライ×マキャヴェリアン。距離は足りない気もするが、阪神巧者でパワーもあるし、ここは33秒台の上がりが求められるレース傾向ではないので。まあG1には何かひと押し足りない印象もあるので、福永騎手が上手くさばいてくれればという条件付きで。

△からトーホウジャッカルスペシャルウィーク×アンブライドルズソング。一昨年の菊花賞勝利後、体調、条件など噛み合わないレースが続いたが前走で復活の兆しはあった。追い切りも最近では一番良かった。菊はレコード勝ちだが小倉で重も勝ってはいるし、相手も強いが、天皇賞ちょい負けから狙うならこのタイミングかなと思う。

△からカレンミロティックハーツクライ×エーピーインディシアトルスルーは自分的によく狙う穴血統。それにしてもまた人気ないな。笑 確かに8歳馬で勝ちきるのは厳しいかもしれないが、上手く先行できればしぶといのは証明済みで馬券圏内なら。前走の疲労を心配したが大丈夫そうだ。


予想後記
とりあえず、海外遠征帰りが多過ぎた。記憶に新しいところで、安田記念のモーリスとリアルスティールの2頭がこけた印象が強く、追い切り自体は問題なさそうでもなかなか難しいもんだと再認識。まあそこは自分のような素人には、追い切りをある程度信用して判断するしかないんだけど。
あとはやはり馬場。こればかりは走ってみないとみたいな重適性のわからない馬が多い。印を付けた馬以外にも狙い目のある馬もいたし、それは枠買いで引っかかってくれないかと。苦笑
横山典騎手と武豊騎手のベテランが並びの枠になったので、馬券は少額にして騎手の駆け引きを楽しみたいと思います。
次回、番外編予想は有馬記念