読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-サイキック豆電球の灯-

音楽、純喫茶、散歩、映画、読書 etc

番外編 2016 ダービー 回顧

皐月賞上位組は強かったな。

f:id:jimijimmy:20160530045039j:plain

ペースは前半60秒で一見平均ペースかと思いきや後半58秒と実質スローペース。勝ったマカヒキは今回は出遅れ気味のスタートにはならず、道中の位置取りも下げすぎなかった。これが、川田騎手がマカヒキをダービー馬に、マカヒキが川田騎手をダービージョッキーにした。人馬ともに大一番の舞台で、(持っていた)ということだろう。鼻差2着のサトノダイヤモンドルメール騎手がそつなく完璧に乗っていたし、レースのペースに左右されず、崩れないサトノダイヤモンドもやはり強い。マカヒキがもう少し後ろの位置取りになっていたら、サトノダイヤモンドがダービー馬だった。3着ディーマジェスティにはやはりスローペースで後方からは合わなかったのと、蓄積疲労もあったかもしれない。地力はみせてくれた。4着エアスピネル武豊騎手がベストの騎乗をしてのもの、という印象で今後の路線はどうなるのかな。やはりマイル路線での走りもみてみたい。たまにスタートが今ひとつだけど、サトノダイヤモンドマイラー版というぐらい弱点がない。リオンディーズは後方から上がり最速の脚を使い5着。またもや負けてなお強しだが、皐月賞、ダービーとちぐはぐな競馬になってしまった。デムーロ騎手も皐月賞の辺りから読みが今ひとつ噛み合っていないかな。枠順は上位4頭に比べてよくなかったし、エアスピネルをマークできるぐらいの位置取りからペースがゆるんだところを上げていけるなら良かったかもしれないが...現状乗り難しいんだろうね。と同時に、上位3頭をまとめて負かせる馬もリオンディーズか。
と、皐月賞上位組がダービーも掲示板を独占したハイレベルなダービーだった。ひとついえば、終わってみれば1~3着ディープ産駒、4~5着がキンカメ産駒と近年の日本ダービーの象徴という結果になった。ダービー馬はダービー馬から、といわれているからまさにそうなんだけど。8Rの青嵐賞2400mではハーツ産駒が1~3着を独占していたのでこれは?と気にはなったんだけどね。でも本当に素晴らしく、面白いダービーロードだったな。
そういえば、エイシンヒカリがフランスのG1イスパーン賞を10馬身ちぎって勝ったけど、この子達も近い将来、そんな活躍をしてくれることでしょう。各馬とも、ひと夏越して秋にどれだけ成長した姿をみせてくれるか楽しみだ。まずはお疲れ様でした、と言ってあげたい。
ダービーが終わると少し切ない気持ちになるが、次週は安田記念。マイル王モーリスを負かせる馬は現れるのか。
次回、番外編は宝塚記念の予定。



これを書いている今、外では雨が降っている。ちなみに個人的には馬券的にもゲットできたので良かったけれど、こっそり単勝を少額買っていた重の鬼マイネルハニーにとっては、1日遅い雨...。苦笑