-サイキック豆電球の灯-

音楽、純喫茶、散歩、映画、読書 etc

番外編 2016 ダービー考察


競馬予想は別ブログへ移動しましたが、ダービーってことで特別に番外編。考察というほどのものでもなく、登録馬を眺めた感想のようなものを。
最終追い切りもまだなら、枠順確定もまだ、当日の天候もなんともいえないからね。有力馬、気になる馬の前走を振り返る。
先ずは皐月賞組。勝ったディーマジェスティから。皐月賞はフロックか?というのも共同通信杯のレースレベルがそんなでもなかったからなのですが、(4角から追って追って追いまくってようやくトップスピード...。) 蝦名騎手の騎乗、馬の成長、レース展開、超高速馬場の適性がはまった可能性もあるとはいえ、3強をぶっこ抜いた脚は脅威的で、フロックではないと思う。先団の馬達のほとんどがハイペースで馬群に沈んだわけだけだし、後方でプレッシャーもなく走っていたのは確かだけど、マカヒキが止まってたわけではないからね。血統的にも確変モードで大崩れはないとは思う。マイナス要素を挙げるなら高速激走の反動はないか。現在は回復したようだが、さすがにレース後しばらくは疲れていたようなので。しかし、スローからのヨーイドンでは適性からズレれるのかもしれない。
皐月賞2着のマカヒキはやはり府中の直線なら、中心にみるべき1頭。複勝率が高そうな末脚。こちらも反動がないか追い切りは要チェック。ただ、Cコース変わりで後方から、1番人気なら馬券的にはリスクも高い。4角の反応も気にはなる。あと、2400mという距離も、経験している馬に比べると全く不安がないわけではない。馬体写真からは問題なさそうだけどウリウリの下なら、距離延長がプラスかといわれれば...。
そういう意味では、当初からダービーに照準を合わせていた3着サトノダイヤモンドはローテーション的には吉と出るか。器用に好位を立ち回れるのも武器。不利がなければ2着もあったかもしれない。
強風にペースを乱された感じのリオンディーズ、というかデムーロ騎手はとにかく折り合い次第。折り合いさえつけば、利き手前からすると左回りの府中で一発ありとは思っている。血統的にも母はシーザリオ。人気が落ちていれば馬券としては美味しいけど、予想うんぬんではなく個人的に応援したい1頭。立ち姿を眺めていると自分ならリオンディーズにダービー馬のオーラを感じる。前に壁を作って、中団から脚を使いたいところだけどふたを開けてみければわからない...。
なかなかレースレベルが高かった青葉賞組から勝ったヴァンキッシュランも強い競馬。気がかりは接戦の蓄積疲労。疲れがなければ、好位から止まりそうなイメージもないが、こちらも追い切りや気配に注意。距離は全く問題なし。2着レッドエルディストはさらに0.6秒速い上がり、高速適性もありそうで侮れない。パワーも兼備していそうだが少しステイヤータイプなのかな。Cコース変わりでは微妙か。
京都新聞杯から勝ったスマートオーディンは距離延長、ペースと対応してきたので侮れないけれど、1800m~2200m適性のフジキセキの系統からすると、勝つためにはかなり条件が嵌まらないと厳しいか。一瞬の切れは非凡で怖い1頭だけれど、更なる距離延長なので...。
それ以外だと、重めの馬場でマウントロブソン、マイネルハニーが浮上するといった感じかな。
こうして振り返ってみると各馬とも微妙に一長一短あるわけだし、共同通信杯の走りからは皐月賞でのディーマジェのパフォーマンスはちょっと想像がつかなかったわけで...予想としてはダービー適性と総合力がポイントになる。
と、人気馬はかるく誉めちぎっておいて(笑)、人気の各馬が後方で牽制し合うなか、穴党の私はマイネルハニーがグリーンベルトを軽快に逃げて、ラスト2ハロン粘りきるイメージを描きつつ。 前がかりの意識で、後方からの馬が一脚使って末脚が甘くなれば面白くなる。そうなるとエアスピネルと武豊騎手のコンビも怖いな。
いやはや、それにしてもハイレベルなメンバーのダービーだな。楽しみです。